須崎でもアカメが釣れ始めました

こんにちは。

 

高知県須崎市より本日も釣り情報をお伝えします。

今回の記事は当観光漁業センターの範囲外ではありますが、須崎市全体の釣り振興の一環としてご紹介します。

 

標題のアカメですが、日本3大怪魚なるものがいまして、北海道のイトウ、琵琶湖のビワコオオナマズ、そして高知県のアカメ、と

3大怪魚の一角を占めている魚で、有名なのが高知市にある浦戸湾での夜のルアー釣り。

 

アカメの日本記録も出ている浦戸湾が有名になりすぎて、「アカメ釣りは浦戸湾では夜間=アカメ釣りはどこでも夜間」という印象になっていますが、

ここ須崎では真昼間でも全然釣れます。

むしろ、昼間のほうが魚が良く見えるのでより白熱するのではないでしょうか?

 

私、WEB担当も先日アカメ釣りにお邪魔させていただきましたが、水中で魚を丸のみにするときの捕食音が空気中まで伝わってきて、非常にびっくりしました。

インターネットとかの情報だと、警戒心が強くて夜間がおすすめ、と紹介しているサイトが多かったですが、こちらでは、竿を水中に突っ込んで水面から

2mくらいの目の前で餌の魚に食いついていました。

警戒心とはいったい・・・

 

 

場所は須崎市にある浦ノ内湾のイカダ。

ここ浦ノ内湾は約19kmある横浪半島にかこまれた静かな湾で、鯛の養殖が盛んに行われています。

その養殖場から逃げたマダイ、養殖場の餌に群がるクロダイやボラ。それらをアカメがバクバク食べています。

とくにクロダイ釣り用に設置された釣りイカダの下にはアカメがついていて、海底から釣り上げてきたクロダイやボラに途中で食いついてきて、

そのまま仕掛けをぶっちぎっていきます。50cmくらいまでの魚なら頭から丸のみです。

 

そんなアカメを狙って、釣れた17cmのメジナを背掛けに泳がせると、これが来ました!

 

アカメアカメ 94cm!!

 

イカダの下へ下へと突っ込むアカメ。

それに必死に耐える釣り人。

壮絶なファイトでした。

 

メジナが食われる瞬間から取り込みまで、手に汗握るファイトでした。

 

ほかの方のブログなどで浦戸湾の釣行記を読むとかなり難しい印象を受けたので、もっと難しいかと思ったら、あっさり釣れてしまい、浦ノ内湾のポテンシャルを思い知りました。

 

現在、浦ノ内湾にはイカダが9つあります。

すべてイカダ組合に加入しているため値段は統一されており、一日、高校生以上1人3500円、中学生1人3000円、小学生2000円、小学生未満1000円となっています。

いずれのイカダも屋根付きで荒天時にも釣りが可能となっております。また、わたしもすべてのイカダにお邪魔したわけではないですが、お邪魔したところは、靴を脱いで上がれる綺麗な休憩室、ガスコンロ&飲み水付きで、だんご釣りに必要な桶やバケツ、網、スカリなども完備されていました。

以下、浦ノ内湾にあるイカダです。電話で前日までに予約を取ってお出かけください。

 

 

 ①深浦漁協支所 

 つり筏 深浦  

 TEL:090-3785-4216

 

 

 ②釣りイカダ 正木

  正木 宏幸
  TEL:090-3785-4216

 

 

 ③冨永釣りイカダ

  冨永 和彦
  TEL:090-8694-9496

 

 

 

 ④釣筏 坂本

  坂本 末廣
  TEL:090-9777-7473

 

 

 

 ⑤高橋渡船

  高橋 徹
  TEL:090-8741-8321(高橋 馨)

 

 

 

 ⑥洋仁丸

  中内 順一
  TEL:080-6396-5271(中内 洋仁

 

 

 

 ⑦釣筏 幸丸

  福本 幸一
  TEL:090-9772-3209

 

 

 

 ⑧釣筏 矢野

  矢野 大海
  TEL:090-4332-6840

 

 

 ⑨谷村渡船

  谷村 正二
  TEL:090-1003-1887